【ゲイ向け筋トレ】ステロイドって何?強烈な効果と副作用を引き起こす劇薬!

昨日HMBサプリメントについて書いている時に思った事があります。

それは『飲むだけでマッチョ』みたいなモノが世に溢れすぎてるなって事と、本当にそれを可能にしてしまうものがどれだけ強烈な作用と副作用があるのか、みんな知らなすぎる!って事です。

基本的に筋肉というのは楽をしてつくものではありませんし、闇雲にやれば成果が出るようなものでもありません。

飲むだけでマッチョ』とか、そういうの興味ある方は是非この記事を読んで欲しいなと思います。

今回のこの記事はステロイド使用を推奨するものではありませんし、逆に使うなと言いたいわけでもありません。

ステロイドの効果と危険を知って欲しくて書きました。

筋トレしなくてもマッチョは通常はありえない。

筋肉は破壊して再生させることでより強く大きくなります。

それを効率的に行い成長させるのが筋トレ。

今の生活で特に体が強くなる必要もない状態では筋肉というのは、より大きくなろうとはしません。

しかし・・・通常の生活だけでも筋肉量を若干増やしてしまうモノがある。

それがアナボリックステロイド。

ホルモンバランスを変化させる事で筋肉合成を超促進させ、筋トレも同時進行すれば数週間という短期間で数年分の筋肉を蓄える事ができる。

でも強烈な作用というのは、強烈な副作用も基本的にはセットになっています。

まずはテストステロンの作用を理解しよう。

筋肉の成長にはテストステロン(別名:男性ホルモン)の作用が大きく関わっています。

みなさんご自身で体感されていると思いますが・・・

  • 筋肉量を増やす
  • 性器の成長/精子の製造
    • ステロイドでホルモン量が増えてもあそこは成長しません。精液の量は一定期間だけ伸びますがその後に大ショックがきます。(副作用の所見てください)
  • 骨を強くする
    • 補足:男性ホルモンと成長ホルモンの関係で身長は伸びますが、そのバランスは絶妙で男性ホルモンが多いと逆に骨を長くする成長をストップさせ密度が増えたりする。
  • 性欲増加と性的衝動
  • 怒りっぽさ/判断力/物事の捉え方/高いバイタリティなど精神面への作用
  • 孤独願望が強くなる
  • 毛深くなる

こんな感じの作用があります。

思春期の頃に男子が男らしくなるのとか、女子が女らしくなるのは性ホルモンが分泌を始めるから。

男性ホルモンの多さに比例して上記の作用が出るのかというとそうではなくて、遺伝やレセプター(受容体)によって現れ方の違いが出ます。

だから男性ホルモンの血中濃度が低くても受容体がよく反応すれば作用が出るし、逆もまた然り。

余談-男性ホルモンが与える脳の成長について-

たまにアスペルガー症候群って障害の名前を聞いた事があると思います。

コミュニケーションや表情を読み取るのが苦手で狭く深い趣味思考などの症状を持つのですが、胎児の時に強烈に男性ホルモンを浴びると脳の作りが「超男性脳」になってアスペルガーを発症するという仮説があったりします。

ステロイドは基本的に血中の男性ホルモンを何十倍にも増やす

一概にステロイドと言っても種類がありまして、今回ここで例に上げるものは体内で男性ホルモンに変換されるもの。

いわゆるプロ〜などと言われるタイプ。

先ほど作用を書きましたが、血中のホルモンが何十倍にも増えればその作用だって強烈に現れ始めます。

筋肉発達を助けるものはプロテインやBCAAなど色々ありますが

そんなの全く比べ物になりません。

性ホルモンっていうのは女性だと生涯で分泌される量はスプーン一杯と言われるほど少量なのに体に、あれだけの変化を与えます。

それくらい強烈。

具体的にステロイドを使うとどれくらい筋肉量が増えるのかというと・・・

  • 三年のジム歴で伸び悩みしており1年で筋肉量+1kgだった。
  • ステロイドを飲み始めて4週間ほどで筋肉量+15kg

こんなレベルで違いが現れます。

筋肉量が数キロ増えるだけで見た目が変わるのに、何十キロもついたら一瞬で体つき凄く変わりますよね。

ステロイドにも沢山の種類があり、脂肪が付くのを極力抑えたまま筋肉を大きくするようなものもあれば、脂肪自体も蓄えて大きな体を作り上げるようなものもあります。

強烈な効果を齎すものは強烈な副作用も齎す

これだけ大きな効果を齎すということは、マイナス効果も強烈に引き起こします。

死ぬ可能性も十分あります。

女性化乳房

基本的に性ホルモンというのは常に一定のバランスを保とうとします。

なので血中に大量の男性ホルモンが溢れれば同時に女性ホルモンも増えてきます。

その為、体の一部で女性的な作用が出てきてしまいます。

その一例が女性化乳房で乳首の周りにある乳腺というものが発達して、女性のように胸が膨らみそして次第に母乳が出るようになります。(膨れた胸は乳腺切除手術しないと、元に戻せません)

万人に出る症状ではないですが、可能性がある人はステロイド使い始めて三日目あたりから乳首に異変を感じます。

心臓病

聞いた事があるかもしれませんが。心臓は筋肉の塊です。

なので筋肉増加作用が働きまくり肥大化を起こします。

他にも急激に大きくなった体に心臓がついていけない為、低体力なども引き起こすと考えられています。

ステロイド使用者が40歳程度で突然死する話は結構有名です。

万人に起きるわけではないですが、発生率は高くなります。

前立腺肥大

前立腺が肥大する条件というのは現状はよくわかっていなくて、男性ホルモンが関与しているという事だけがわかっている事です。

50代くらいから発症率が高くなり前立腺が尿道を圧迫する事で排尿障害などを齎します。

遺伝的要素も強いので、家族に前立腺肥大の疑いがあった方はステロイドがトリガーになる可能性あります。

前立腺肥大を引き起こすと、尿道が圧迫される事でトイレがしづらくなったりします。

睾丸収縮→性欲低下→インポテンツ

男性ホルモンは睾丸で作られています。ちなみに僕は睾丸がデカイです( ✌︎’ω’)✌︎

体の中に十分な男性ホルモンが満たされていれば、臓器がわざわざ頑張って作る必要ないなと判断して作るのをやめてしまいます。

そのせいで男性ホルモンを分泌する役割を失い睾丸が収縮を起こして性欲が低下していきます。

男性ホルモン自体に性欲を高める効果があるのに、性欲がなくなってしまうのは不思議だけどオート賢者モードになります。

この時に精子の生産も少なくなってしまうと言われてます。

ご存知かもしれませんが「精液の濁りは精子ではなくて前立腺液」です。判断基準にはなりません。

この睾丸の収縮は永遠に続くわけではなく、ステロイドを辞めてしばらくすると回復し始めます。

ただし、完全破壊の可能性も服用期間によってはあり。

肝臓破壊(口経由の場合)

ステロイド剤というのは肝臓で分解されないで血中に入るようになっています。そのせいで肝臓に大大大ダメージを与えて行きます。

肝臓というのは沈黙の臓器で、調子が悪いと思ってきた頃には症状が進行していると、たまに聞きませんか?

そんなレベルではなくてステロイド使い始めてから数週間後には肝臓が張っている感覚が分かります。

肝臓というのは疲労物質を代謝しているのですが、それが機能しなくなっていくので寝ても前日の疲れが取れなくて、どんどんそれが積み重なり日常生活が困難化。

疲れによる意識がぼ〜っとしてしまうので記憶が完全に飛んでしまう状態になり、集中力が保てない、筋トレしても1setで倒れこんで起き上がれないような疲れなどが始まります。

数歩、歩いただけで動悸息切れで休憩しながらじゃないと無理とか、そういうレベルです。

ステロイド使った知り合いがその症状に三ヶ月くらい悩まされていました。

歩いてる時に死を覚悟するレベルで心臓がバクバクするそうです。

先ほど男性ホルモンの作用のところで精神面への関与を書きましたが、性ホルモンと鬱というのは結構な関係性があります。

閉経した女性が一時的に鬱になりやすいのも結構有名な話かなと思います。

ステロイドが作用している間は男性ホルモンが与える闘争心などが働いて鬱の傾向は現れにくいのですがステロイドは体への負担が大きいためオフサイクル(投与をやめる時期)を設ける必要があります。

この時、今まで何十倍くらいの男性ホルモンが血中にあった状態がなくなり、さらに男性ホルモンが作れない状態になるので、メンタルに働いていた作用を一気に失います。

その結果、猛烈な鬱を引き起こしてしまいます。

オフサイクルの時にはステロイドで付けた筋肉を維持するためにもメンタルを戻す為にも、早急に男性ホルモンを戻す必要があります。

ステロイドの使用をやめると元に戻るって聞いた事がある。

これは少しだけ本当で大半はデマです。

筋肉は男性ホルモンによって合成が促されると書いたと思うんですが、

ステロイドにより男性ホルモンが作られなくなった状態で使用を止めると男性ホルモンが薄くなるため筋肉合成作用がなくなってしまい、維持が出来なくなってしまいます。

その為、何キロも筋肉がついたとしても、自身の男性ホルモンが戻るまでは少しは無くなってしまうというのが答えかなと思います。

もちろん、どんだけ筋肉がついても筋トレ自体をやめてしまえば筋肉は落ちてしまいます。

基本的にはステロイドやめた後もほとんど維持されます。

本日のまとめ

凄い効果がある反面、副作用も凄い事が分かって頂けたら幸いです。

ステロイドやる人が短命になりやすいのは有名な話ですので、使うなら筋トレを熟知したような方が使わないと命だけ擦り減らした行為になりかねません。

栄養学、解剖学、バイオメカニクスなどの知識を取り入れて、成長した果てにアナボリックステロイドがどういうものなのか、もう一度考えみてください。

ステロイドの服用の仕方や入手法などは質問NGです。

使う必要性がある人は使い方の質問などしないと思いますので。

こちらの記事もどうぞ!

ゲイ向け筋トレ記事のまとめ!あなたの理想叶えます。

2018.01.12

タチのアイツが無我夢中になる魅惑のプリケツの作り方

2017.12.23

ガチムチゲイになる筋トレ。スリムから最短でデカくなる方法教えます。

2017.12.14

【ゲイ向け】筋肉質になる為に大切な事。筋トレ中の回数とインターバルで効果が違う!

2017.08.24

2 件のコメント

  • アンノーンさん、再びこんばんはー☆

    もしかしたら
    アンノーンさんより、VOLBOXさんと呼ぶ方がいいですか?

    この画像の男性、いい味出してますよね
    最近見ましたよ!
    スーパーのビニール袋の上に両手を置き、スライドさせてやる腹筋
    試して見ました(笑)
    ノンケな感じがするんですが、この画像は股間を強調してますね
    変態性に親近感が湧きます(笑) ← 何に親近感を感じてるんだ、俺!(笑)

    今日も詳しく書かれていますね
    テストステロンについては、男性はぜひ知っておいた方がいいと思います
    亜鉛の摂取も大切です

    ところで、アンテナでのリンクと紹介をありがとうございます!
    俺の方でも、ブログのトップページのブックマークというところで
    アンノーンさんのブログをリンクさせて頂きました
    ブックマークはスマホ版にはなくパソコン版しかありませんので
    アメブロのパソコン版で確認してみてください

    また、近いうちに記事の中でも紹介させて頂くかもしれません
    「Xジェンダー」「ノンセクシャルのゲイ」あたりの記事をリンクさせて頂くのが
    いいかなーと思っています
    ノンセクの人の参考にもなるかもしれませんしね

    ではまた! ( ^ω^ )♂

    • こんばんは〜色々ありがとうです!名前はvolvoxの方が呼ばれ慣れているので、そちらでお願いします!( ´∀`)この動画の人、なんか可愛いですよね。一緒にいると楽しそう。笑
      ビニール袋には笑いましたが「あーよく考えているな」って感心しましたw
      僕も変態性・・・すごく・・・ぃいと思います。笑
      下着的にゲイなのかな〜?って思ったりもしたんですが、別の動画で彼女いますって言っていましたね_:(´ཀ`」 ∠):

      リンク有難うございます〜!確認してきました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾Xジェンダーとノンセクの記事CSSいじる前に書いたものなので、ちょろっと最適化させておきますね。楽しみにしてます!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA