コーギーとマメルリハと筋トレ時々ゲイムのブログ

トレーナーが教える初心者のためのジムマナー講座!

トレーナーが教えるジムマナー

どうもこんにちは!パーソナルトレーナーのぼるぼっくす(@volvox_plankton)です!

ジムに通い始めた初心者の方に絶対覚えておいて頂きたいことがあります。それは…『ジムの利用マナー』です。

ジムの利用マナーが悪いと『知らず知らずのうちに他のお客さんたちに嫌われていき…警察沙汰のトラブルにまで発展』なんてことも起きてしまう可能性があります。

大げさに感じるかもしれませんが、マナーを守れていないお客さんが、痺れを切らしたお客さんにぶん殴られて警察沙汰になった場面を僕は見たことがあります。

ぼるぼっくす。
ぼるぼっくす。

余計なトラブルとは無縁でいたいですよね😭

今回の記事では絶対守りたい『ジムでのマナーについて解説』していきますね。ある程度マナーが分かっていればトラブルなんて全然起きないですよ!

トレーナーが教えるジムでのマナー講座!

ポイント
  • 他の人のトレーニングは絶対に邪魔しないようにする
  • 自分が使っているマシンや器具は他の人も使いたいかもしれないと考える
  • トレーニング機器は大切に使う
ぼるぼっくす。
ぼるぼっくす。

上記のポイントを意識できればジムでマナーが悪いと言われることは滅多にありません!

次からは『マナーが悪いと言われる実例を紹介』していきます。自分も心当たりがないか確認しながらご覧ください。

マシンなどに座ってスマフォを長時間いじるのはNG!

ジム通い立ての人にかなり多いので注意してください。

自分が『スマフォ弄りながらまったりとトレーニングしている間にも他の誰かがそのマシンを使いたがっている可能性がとても高い』です。

悪目立ちする上にかなりクレームやトラブルに発展しやすいので、マシン上のスマフォ操作は気を付けた方がいいです。

プレートの音をガチャンガチャンさせるのもNG!

プレートのガチャンガチャンも初心者の方にありがちなので注意してください。鳴り響いた瞬間にジムスタッフがアラレちゃんの如く走ってきます。

金属音が響き渡ることになるので『回りの人の集中力を奪ってしまいますし、マシン自体の寿命を縮めてしまう』ので注意です。

ジム内での通話や周りに聞こえるレベルの会話はしない!

ジム内での通話は基本どこのジムでも厳禁となっていると思います。電話する必要があるときはトレーニングルームから出ましょう。

また『ジム内での大きな声での会話も回りの集中力を奪ってしまう』のであまりマナーは良くないですね。

挨拶程度なら大丈夫ですが、話し込みそうな場合はトレーニングルームからは出て行いましょう。

カメラ使用は注意が必要!

ジム内でカメラはかなり嫌われます。知らない人のカメラに映ったら何に使われるか分からないですからね。

基本的にはジムのルールで『カメラ使用に関して何らかの決まりがあると思いますので、ルール確認してから使用する』のが間違いありません。

僕の最寄のジムでは完全に禁止。よく行く東京のジムでは他のお客さんが映らなければOKとなっていました。

ダンベルを適当に戻してしまうのはダメ!

ダンベルはすぐに必要な重量が持てるように規則正しく置いてあります。

適当に戻してしまうと、以降どんどんダンベルの順番がバラバラになったり『すぐに目的のダンベルが取れなくなるので注意』してください。

使ったトレーニング器具の汗を拭きとる!

トレーニング器具は『共有のものなので、次の方が気持ちよく使えるようにしておく必要』があります。

基本的にトレーニング器具もしくはその近くに汗を拭きとるためのタオルなどが用意されていると思いますので『一度タオルで拭いてから移動』するようにしましょう。

使った器具はちゃんと元に戻しましょう!

使ったダンベルやバーベル、プレート、角度を変えたベンチ、そのままの状態で移動してしまう方がいます。

周囲の人はそこ『使い終わったのか分からないので長時間そのままになってしまう可能性もありますし、とーっても迷惑』です。

使ったものは元に戻して、次の方が素早く使えるようにしましょう。

ダンベルなどで筋トレしてる人の近くには近づかない!

ダンベルなどでトレーニングしてる人の近くを通るのは絶対にやめましょう。近く通る人めちゃくちゃ多いです。

『トレーニング行っている方の動作妨害になったり、集中力を途切れさせてしまいます。非常に迷惑になる』ので気を付けてください。

また近くを通る方も『ダンベルをぶつけられたりする危険』が伴います。トレーニングしてる人には接近しないのが吉です。

トレーニングしてる人には話しかけない!

筋トレしてるときは自分の『限界との戦いなので、他の人に話しかけられても返答する余裕なんて基本ない』です!

かなり迷惑に思われるので、トレーニングしてる人には話しかけてはいけません。

ダンベルを1人で何個も使わない!

ダンベルって基本的に重量毎に1~2ペアずつしかないので『1人が何個も持っていると他の人がダンベル使えなくて迷惑』になってしまいます。

基本的には1人1ペアまでとし、違う重量に変更するときには一度戻してから新しい重量を使い始めるようにしましょう。

ダンベル置き場のすぐ近くでトレーニングはしない!

ダンベル置き場のすぐ近くでトレーニングしてると『他の人がダンベル取りたくても近づけないですし、戻したくても戻せません。』

必ずダンベル置き場からはある程度距離があるところでトレーニングするようにしましょう。

グループで交代交代マシンを使うのはダメ絶対!

3~5人で1つのマシンを交代交代に使用して、気付かぬうちにグループで占領状態にしてしまうの良くないです。

『使い終わるまで時間が長くなってしまいますし、その間そのマシンを使いたい人が長時間待つようになるので非常に迷惑』になります。

かなり目立つのでトラブルにもなりやすいですし、グループで占領することのないようにしたいですね。

マナー悪い人がいたらジムスタッフに相談!

マナーが悪い人がいたら『まずはジムのスタッフに相談』してください。

『直接注意してしまうとお互いヒートアップしてしまうことが多く他のお客さんを巻き込む可能性』があります。

『ジムのスタッフにとってお客さんにお声かけするのも仕事の1つ』なので、まずはジムのスタッフに相談してください。

ぼるぼっくす。
ぼるぼっくす。

しっかりしているジムならちゃんと丁寧に相手のお客さんにお声かけしてくれるはずです!

以上でジムのマナーについて終わりにします。マナー守ってみんなが気持ちよく使えるジムになると良いですね!