【ゲイ向け】タチの心をグッと掴む魅惑のプリケツの作り方【筋トレ】

squat

今日のテーマはお尻の筋トレです!

お尻の筋トレはノンケは多分ほとんどの人が意識しないと思いますがゲイにはめちゃくちゃ人気ありますね。

トレーニング教えていると結構高頻度でお尻の筋トレをしたいと言ってくる気がします。

今日はそんな感じでお尻の筋トレについて書かせていただこうかと思います。

よろしくお願いします!(他の部位に関してもリクエスト頂ければ書きます!こういう体型になりたいんだけど〜みたいなのでもOK!)

お尻を鍛えると前の膨らみを強調できる。

ヒップアップブリーフ

2xist ツーイグジスト SHAPE 補正下着

ある程度ピチっとしたもの限定になりますが。実はお尻を鍛えると前の膨らみを強調できるようになります。

特にもうすぐ長スウェット穿くようになる時期なので丁度いいですね。

理由は簡単で、お尻に生地が引っ張られるから前の膨らみがわかりやすくなるんです。

もし今少しダボっとしたものを穿いてる方は後ろに引っ張ってみてください。

筋トレではなくて楽々プリケツになりたい方は男性用のヒップアップ(ついでに前も盛れる)パンツがあるのでそちらをどうぞ!

基本的には大臀筋のトレーニング

お尻の筋肉

解剖図

これがお尻の筋肉になります。

本当はもっと小さい筋肉が他にもあるんですが、基本的には大臀筋を鍛える事でお尻の筋肉を大きくさせます。

ボディラインが出るようなちょっとピチっとしたものを穿く事がある方はボリュームがあるのと無いので確実に違いが出るので絶対に鍛えた方がいいです💡

特に細身のスーツとかセクシーな感じに見えますし、競パンやユニ系好きな人ならスポーツやってます!って感じの重量感あるお尻を作れます。

お尻を鍛える種目

初心者ほど効果が出やすい。

ここからはお尻を鍛えるための種目を書いていきます。

できるだけ分かりやすい動画を見つけてきましたので、やり方が分からない方はご覧くださいね〜!

ちなみに・・・

スクワットなどで大きな筋肉を刺激と成長ホルモンの分泌が高まるので、他の部分の筋トレの成果をより高くする事ができますよ👍

ワイドスクワット

ワイドスクワットというのは『足をめっちゃ広げたスクワット』です。

体をあげるときにお尻に力を思いっきりいれながら体を起こしていきます。

動画だと何も持っていないですがバーベル持ってやってください。

正しいスクワットのフォームやバーベルの位置など。

怪我しやすい種目なのでフォーム(他の種目もそうなんですが)は徹底した方が良いです。

初心者の方はまずこの動画を熟知してください!

フォームはもちろんバーベルの位置や腰の落とし方や膝やお尻の持ち上げ方などで効き目も変わるし安全性も変わってきます。

この動画は非常によく説明されているし、筋トレの動画としても面白いです。

ブルガリアンスクワット

大腿四頭筋の筋トレと言われているんですが、効き目としてはお尻の方が強く脚への刺激は少なめ。

ルーマニアンデッドリフト

「え!?デッドリフト・・・!?」と思った方いるかもしれませんが・・・実はデッドリフトの主動筋には「大臀筋」が入ってるんですよ〜。

特にこのルーマニアンデッドリフトっていうのは僕もよくやるんですが毎回いい感じに大臀筋が筋肉痛になります。

デッドリフトも怪我しやすい種目なので気をつけてくださいね。

ヒップスラスト

これ時々単関節種目として扱われるんですが膝関節の動きがあるので、ここでは多関節種目とさせてください。

スクワットしたあとにヒップスラストすればお尻の筋肉への負担は十分と思えるほどクリティカルヒットします。

もし今、椅子など使って出来るならやってみてください。お尻の筋肉を使っている感覚が良くわかると思います。

おまけ(脹脛の鍛え方)

脹脛や腕の前腕というのは実は遺伝的要素が大きい場所と言われています。

なのでたまにスポーツ特にやっているわけでもないのに脹脛太い人いますよね。

脹脛って基本的にはあまり鍛える意味がない筋肉と言われています。

理由は体の末端に重たいものがくるより軽いほうが足を素早く引きあげられるから。

黒人の方々が脚が速いのには理由が色々あるんですが、それもまた理由の一つ。

見た目的には鍛えたほうがカッコいいですよね。笑

カーフレイズ

この動画だとより負荷をかけるなら片足で〜と言っているのですが、ダンベルorバーベル(スミスマシンなどでも勿論OK)を持って負荷を強めるのも良いです。

両足ついた状態で負荷かけられるのでバランスを保ちながら効かせられます。

レッグプレスってマシーン基本どこのジムでも置いてあると思うんですがこれでも出来ます!って事で紹介しておきますね。

最後に・・・

TOOTボクサー

こういう下着が似合うようになりたいですよね〜。

今回も色々筋トレ紹介しましたがオススメするパターンはスクワットで下半身全体を鍛え→ヒップスラストで大臀筋に追い打ちをかける感じです。

お尻を大きくする筋トレは競パンが似合う体型になる〜の時に書こうと思ったのですが、実はリクエスト頂きまして書かせて頂きました!(嬉しいー!)

また後日、競パンが似合う体型編で他の部位の筋トレも書こうと思っているので是非楽しみにしててくださいー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

この度は『ぼるぼっくす増殖中!』にお越しくださいまして有難うございます!
自分の趣味や日常をシェアしたいと思い始めたブログですが皆さんに喜んでもらえる情報を提供できたら嬉しいなと思って、日々思いを綴らせて頂いています。
「また来ます〜!」と言ってもらえるようなブログに出来たら嬉しいなって思っています!
WebSiteのボタンがプロフィールに繋がっているのでご興味があればご覧ください!