ミジンコが可愛い!?ぼるぼっくす白濁のガチムチ少年に感覚ヘンと言われるの巻

イクラ

これは・・・白濁事件から数日が過ぎ・・・三男とご飯を食べている時の事である。

手慣れた手つきで魚を裁く狂気的な次男の作った特製イクラ醤油漬けを皆んなで食べていた。

僕は魔道を研究せしインテリホモだが、次男は狩りを主体とするアウトドアノンケなのだ。

そんなアウトドアノンケが自慢げに作ったイクラ漬けを、白濁のガチムチ少年は・・・

『なんか・・・このイクラすっごいドロドロしてるぅ〜』

と言いながら、スプーンで掬っては戻し、糸を引かせていたのである。

それを見た外見だけは接近戦得意そうな超遠距離ファイターなインテリホモ=僕は頭の中・・・

『お前のはそれ以上にドロドロしてたよ・・・まさかイクラにブッカケたんじゃあるまいな。』

それで頭がいっぱいになり・・・ついに顔に出てしまうのである。

ニヤニヤ・・・ニヤニヤ・・・ニヤニヤ・・・

いかん・・・これではただの変質者じゃないか

(まあ。すでにそういう扱いなんだけれども。)

そう思った僕は、この事を忘れる為に、ある話題を繰り出した。

『つよし(三男)は、嫌いな食べ物ないの〜?』

いたって普通な質問!!!!

でも、伊達に魔道を研究してない僕。

こういう相手は決まって返してくる言葉があるのは既に想定済みである。

『俺、嫌いな食べ物ない〜なんかあるっけ?』

ちなみに僕は和食が食べれないのである。ついでに野菜も食べれないし肉もあまり好きではない。

実に魔道士らしい食生活。

でも牛肉だけは大好きなのである。イエス・フォーリンラブ

アウトドアノンケの次男は、和食大好きで洋食が大嫌いなのである。

僕と次男は年の差4歳で、ほとんど同じものを食べて同じ生活をしてきたのに、食べれるものが殆ど真逆。

更に言うと、胸毛が生えてきて悩んでいるのがアウトドアノンケで、胸毛が欲しくて堪らないのがインテリホモである。

遺伝子ちゃんと仕事して!って感じ。

ガチムチ少年こと三男『そういえば俺・・・三つ葉が嫌い!』

インテリホモの僕、、、

『三つ葉ってなに?あの白いキノコ?』

その場に居合わせた、次男、三男、四男、母親、お婆ちゃん・・・凍りついたような顔で僕を見つめる。

ああ・・・また僕の溢れ出る魔力で空間を凍結させてしまった・・・

そこにタッグを組んできたのは、スッゲー野郎系の顔なのに一人称が『ピー』の末っ子である。

『白いキノコって、シイタケでじょぉ〜?』

空間凍結の先にあるのは完全なる時間停止である。

一番驚いた顔をしているのは、白濁のガチムチ少年の三男。

いつものトロ〜ンとした目が、まるでアニメキャラのような非現実的な目開き具合で固まっている。

皆んなの驚く顔に便乗して、僕は玉山鉄二の顔真似をしてみた。

玉山鉄二

だれも気づいてくれなかったけど・・・まぁオッケ!

そんな事もあるよね🤗

気が利いたアウトドアノンケが『おめえぇら、バカだなァ・・・!三つ葉っていうのはこれだがんな!』とドヤ感混じりの茨城訛りで、画像を見せてくれるものの・・・

僕と末っ子・・・

『ほうれんそうじゃん』

残念な事にこれが現実である。

何故そんなに僕が、三つ葉がわからないのかと言うと・・・

僕はレタスとキャベツの違いもわからない。

どっちも緑の葉っぱの玉と思っている。

知識に貪欲なインテリ魔道士ホモであっても、気にできないものは、気にできないのだ。

だからイカホモも時々みんな同じ顔に見えてしまうし『どこかで会った事ありますよね?』が僕の必殺ワードになりつつある。

つまり毎日が『君の名は。』状態。

スイカと地球くらいの大きな差があれば、こんな僕にでも区別はつくと思うだが。

そして、気が利くガチムチ少年・・・

『そーいえば、Working!!みたよー!』

小学生でも、こいつらとは会話ができない事を察したのか、生意気にも話題を変えてきた。

working!!

『主人公の男、小ちゃいものが好きでミジンコが可愛いんだって〜!おっかしいよねー!?』

『ねえ知ってるかな?お兄ちゃんさ、、、東京では・・・ぼるぼっくす・ぷらんくとん、って呼ばれてるんだよ^^^^卍』

三男と四男『ぷらんくとぉ〜〜〜〜ん!?なんでプランクトンなの?』

僕『ボルボックスっていう、プランクトンが可愛いから^^卍』

三男と四男『ギャグアニメかと思ったら、本当にこんな人いるんだね・・・感覚へん・・・』

お前ら、世の中のプランクトン好きに謝れ・・・と思いつつ、

なんで僕ってボルボックス好きなんだろうか?と思って動画見たら・・・

やっぱりただ可愛くて、顔も溶ろけそうなくらい癒されてしまった・・・これってやっぱ恋ってやつ。

ちなみにアウトドアノンケは仏像眺めるのが好きで部屋に集めてます。

初めて彼女がその部屋を訪れた時の悲鳴は今だに忘れられない。

そんな二人も結婚して再来年に結婚式挙げるんだって!

お兄ちゃんも髭生えたお嫁さんとラブラブ★チュッチュしたいよ・・・

まとめ

  1. アウトドアノンケの作るイクラの醤油漬けは美味しい。
  2. 三つ葉はキノコじゃない。ほうれん草と区別がつかないような食べ物。
  3. 胸毛が生えてきて悩んでるのがアウトドアノンケで、胸毛が欲しくて堪らないのがインテリホモ
  4. プランクトンは可愛い。
  5. ぼるぼっくす髭の生えた嫁が欲しい
volvox

最後まで読んでくれて有難うございます!

よろしければTwitter(@volvox_plankton)フォローしてください☺

面白かったら記事シェアして頂けると嬉しーです!

関連雉

白濁のあれが僕に絡んで離れない話。

2017.11.26
イクラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA