僕ノンセクシャルのゲイです。

ノンセクシャル

お盛んな人が多いゲイの世界

僕はXジェンダーノンセクゲイなんですよね。

ノンセクシャルとは・・・

ノンセクシャルとAセクシャル

人を恋愛的な意味で好きになるけれど

性的欲求が伴わない人のことノンセクシャルと言います。

人のことを恋愛的な意味で好きになることもなく

性的欲求を伴わない人のことをAセクシャルと言います。

詳しくは『ノンセクシャルとは-はてなキーワード』もご覧ください。

元々はAセクシャルだった。

元々、恋愛感情以前に人を好きになるという感覚が分かりませんでした。

それは友達という付き合いでもそうですし、思春期の頃くらいの時は

「これは友達なのかな・・・?」という感覚に悩まされ、家族に対しても「同居人と家族」の違いに悩んだりしました。

だから父親と母親の離婚が決まったとき、何の感情も湧いてこなかったのを覚えてます。

人を好きになるという感覚がよく分からず

恋愛感情なんていうのは尚更分からなかったし、性的欲求も他人に向きませんでした。

少しずつAセク→ノンセクに変わっていきます。

経験談的な感じで書いていきたいと思いますね!

ある時、彼氏ができた。

自分が男を好きである事は、何となくだけど理解してました。

ただ何人かにゲイじゃないという言葉も頂きましたし、未だに僕の話を聞くと

「それってゲイなの?」

そうやって返してくる人がいます。

「ゲイって男とやりたいからゲイなんじゃないの?」と。その言葉に何度か凄く悩みました。

僕は女性の体は完全に受け付けませんでしたが

自分の体が男だからか、男の体は大丈夫でした。

【少しまとめると。】

  • 女の子と肉体関係を持つのは生理的に無理で、そういう事があるなら男としか出来ない。自分から進んでやりたいと思うほど欲求がない。
  • 肉体関係が一切ない関係でいいなら、女の子も好きになれる。

肉体的ゲイの精神的バイという事らしいです。

僕は白黒つけたいタイプなので、ゲイとして生きるかノンケとして生きるかはっきりしたかった。

だから18歳くらいの時に決めました。

  • 男と一年以上付き合う事が出来たなら、ゲイとして生きるし。
  • 女と一年以上付き合う事が出来たなら、ストレートとして生きる。

セクマイだという事は理解してたので19歳くらいの頃からゲイやビアンの子と接する機会が増え、

初めての彼氏ができました。

セックスが本当に気持ち良いと思えなかった。

付き合えば必然的に肉体関係が生まれるでしょう。

でも僕は、それが気持ちがいいと思えませんでした。

確かに肉体的には気持ちがいい。けど僕が満たされたいのは肉体ではなくて『内面の真っ黒な部分』でした。

だから肉体が満たされても『気持ちよさを錯覚させられている』ような感覚でしかなかったのです。

セックスするほど、心が満たされなくて寂しく感じていく。

そういう葛藤に苦しみました。

僕の好きって気持ちは普通とはズレているみたいだ。

この彼氏との恋愛関係は7年も続きました。

7年一緒に居た人と別れた僕は、突然どうしようもない寂しさに襲われた。

とにかく今までにないくらいの寂しさと『一人という恐怖』に怯えました。

それを感じて、自分が今まで守られてた事と愛されてた事を痛いほど痛感しました。

そして人を好きになる感覚や気を許すという感覚も何となくだけど分かり、『あ〜今まで誰にも心開けてなかったんだな』って初めて気がつきました。

寂しさとか恐怖とか、そういう感情が消えかけてきた頃に猛烈に好きになった人が現れました。

最初は上手く行ってました。相手からも告白され付き合う〜って状態近くまでは行きましたよ。

でも僕には一つ欠落してる部分があって、それに気づいていなかったんです。

僕も彼のことはとても好きだったんですが、やっぱり性的欲求を伴ってなかったんです。

だから肉体関係があっても、僕はそれに夢中になれないし、そもそも相方以外とやったことがなかったので上手に出来ないし・・・

次第に肉体関係もなくなり、同時に好きとか言ってくれる事もなくなりました。

それを友人に相談したら「好きって何?」と聞かれて、僕は「この人と一緒にいたいって感じる人かな?」って言ったら

「人間を動物として考えてみて。特に哺乳類として。

本来ならば付き合うっていうのは、子孫繁栄の本能的な感情なんだよどんな状態で、好きといっても基本的には全部正解だと思うけど、

大半の人間が言っている好きって気持ちには、生殖本能が結構大きく絡むものだと思うよ」

確かに・・・自然の摂理的にそうかもしれない。と思った瞬間でした。

元々性的欲求が伴わないから、アニメや漫画のただ相手に精神的な繋がりを求める「恋愛が本物」だと錯覚していた。

もしかしたら純愛を描くストーリーの中の主人公たちも相手に肉体を求めているのかな?気持ちが分からないや。

恋人関係になるのが怖くなる。

それからというもの、僕は恋に奥手になりました。

誰かに好意を寄せられても僕が上手にセックス出来ないから飽きられてしまう。

もしかしたら相手の欲求を解消してあげる事ができなくて辛い思いをさせてしまうかも。

そんな風に考えるようになりました。

アプリで良さそうな人みつけても

ポジション書いてあるだけで「あ、無理な人だ」と思ったり悩みは深刻化していきました。

デート誘ったりして良い感じなのに、肉体関係がない不思議な関係に悩ませた事もあったりしたかもしれません。

怖いじゃん。自分が満足にセックス出来ないって事で嫌われるの。

でも本能的にセックスしたいという欲求がない。必要な気持ちはわかる。

勉強したくないのに、勉強しないといけないみたいな

そんな感覚が僕のセックスに対する正直な気持。

きっと自分以外にもノンセクシャルな人って沢山いると思うけど

何故かこういう時って『自分一人だけ。』

みたいな妄想に取り憑かれてしまう。

自分を好きになってくれる人なんて居ないかもと思ってしまう。

信じてもらえない。

「好き」って気持ちに性的欲求が絡むって体感的に分からないし、

皆んなどこかで暗示にかけられてセックスが気持ちがいいって、織り込まれてるんじゃないかと思ったりします。

でも逆に、性的欲求が他人に向きづらいって気持ちも他の人からすると分かりづらいみたいで、僕がいくら他人に欲求向きづらいんだよね〜。

と言っても基本的には、影でお盛んだと思っているらしいです。

むしろ並程度にセックスに興味持てれば、こんな悩み解消されて良かったのに。

僕も治したいと思っている。それを何となく分かってくれて

そういう面を成長させてくれる人に出会えたら良いのかなって思ったりする。

人間として、というより動物として僕は欠陥品ですね。

良いところもあると思っている。

ノンセクの良い所は基本的に「好き」になった時、

精神的な面で好きになれると思ってます。僕の場合だけかもしれません。

なので肉体関係優勢な好きって気持ちよりも相手の内面的部分を好きになる傾向にあって、気持ちが長続きしやすい気がします。

他の人とやりたいって気持ちも湧いてこないので浮気とかもする気が起きないのは良い所なんじゃないかな〜と思ったりします。

次回予告

次にこういうセクシャルマイノリティな事を書く時は、Xジェンダーについて書いていこうと思います。

ノンセクとかAセクシャルよりも更にマイノリティな部分かもしれません。

しかも定義が結構広い中、自分の事を書くので少し思っているものと違うかもしれません。

ぜひ楽しみにしててくださいね!

【Xジェンダーについて書きました💡】

volvox
Xジェンダーが何を思って生きているのか書いています。興味があれば是非ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

この度は『ぼるぼっくす増殖中!』にお越しくださいまして有難うございます!
自分の趣味や日常をシェアしたいと思い始めたブログですが皆さんに喜んでもらえる情報を提供できたら嬉しいなと思って、日々思いを綴らせて頂いています。
「また来ます〜!」と言ってもらえるようなブログに出来たら嬉しいなって思っています!
WebSiteのボタンがプロフィールに繋がっているのでご興味があればご覧ください!