【HMB/BCAA/クレアチン】初心者が3週間で筋肉量2kgアップした!

アミノ酸

今日のテーマはHMBっていうやつについて書きます。
HMBとはなんぞやって感じですよね。

まずはタンパクとアミノ酸の話から

アミノ酸

アミノ酸によってタンパク質が出来ている。
引用:基礎からわかるアミノ酸

タンパク質はアミノ酸という20種類の栄養から出来ており、それをさらに分けると必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分ける事ができます。

  • 必須アミノ酸
    体の中で作ることができないから口から摂取する必要がある。
  • 非必須アミノ酸
    体内で合成可能ですが、重要な役割を果たしているもあるので場合によっては量が不十分になる事がある。

ここで関係してくるのは必須アミノ酸にある「ロイシン」です。筋トレしてるとよく話題になるBCAAというのは、ロイシン/イソロイシン/バリンのことを言います。

ロイシンの効果(BCAA)

筋肉合成する働き/筋肉分解を抑える働きと言われています。
特に後者の効果が高いような気がしますね。筋肉というのはエネルギー貯蓄の役割も果たしているので、減量すると一緒に削られてしまうんです。

脂肪の方がエネルギー効率が良いので優先的に削られますが。BCAA(ロイシン)を摂ることで筋肉分解を制御し筋肉をできるだけ残すようにできる。と解釈してください。筋トレ前やトレーニング中にBCAAを飲んだりするのも、そのような理由があるからです。

ロイシンの代謝物質で5%がHMBになる

ネットって非常に便利で研究論文を見れたりします。なんか怪しい広告とか気になるサプリメントがあったら「栄養の名前 論文」とかで検索するとどういう条件でどういう効果が出たのか分かる場合があります。

 論文から読み取れる事。

論文から読み取れる事とネットで言われている効果を照らし合わせると以下のような作用をもたらすと考えられます。

筋肉量増進よりも回復促進と筋肉分解を抑える働き+脂肪を落とす

筋肉の回復を早めて分解を抑えるというのは非常にポイントが高い。回復が早いということはサイクルを短くして効率良く体を大きくできるのだから。
その上、トレーニング前に飲むと脂肪量を落とす効果も期待できるそうです。

初心者には効果が出やすく、普段から体を動かしている人はBCAAが良い。

最初にリンク貼らせて頂いた論文は対象がスポーツやっている人で殆ど筋肉増加効果なし。
高齢者とトレーニング初心者には抜群の効果が出ています。
HMBの効果でよく言われている「初心者ほど効果が出やすい」は試す価値がありそう。
どのくらいで効果が出にくくなるのかは残念なことに論文見つけられませんでした。

トレーニングは必須

論文の通りに効果を狙えるのならHMBの効果は筋肉の修復スピードを速める事で筋肉成長を助けます。効率良く筋肉を回復させるためにトレーニングは行いましょう。

たまーに運動なしでもマッチョ!みたいなものがあるんですが・・・都合いいなおい。って思っちゃいます。

今度アナボリックステロイドの事を書こうと思っていますが、劇的な変化をもたらす物質を体に入れれば、相応の副作用も起きますよ。等価交換が原則だって小さい錬金術師が言ってた。

プロテイン代わりにはなりません。

ここまで読んで頂けた方は何となく分かると思いますが・・・
HMBはタンパク質ではないです。なのでHMBを使う場合は

  • 「回復を速めるHMB」と「回復に使われるタンパク質」の両方を取るのが望ましい。

結論:初心者は試す価値がある。

材料となるプロテインが基本ですが+αとして考えた場合
効果が出やすいとされている「初心者は」試す価値がありそうです。

たかが2kg増と思うかもしれませんが、基本的には年間で2kgしかつかないと言われています。それを3週間で達成できるなら美味しいですよね。中級者以降の方は三種の神器とされているBCAAを取り入れた方が確実性も高いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

この度は『ぼるぼっくす増殖中!』にお越しくださいまして有難うございます!
自分の趣味や日常をシェアしたいと思い始めたブログですが皆さんに喜んでもらえる情報を提供できたら嬉しいなと思って、日々思いを綴らせて頂いています。
「また来ます〜!」と言ってもらえるようなブログに出来たら嬉しいなって思っています!
WebSiteのボタンがプロフィールに繋がっているのでご興味があればご覧ください!