タルパの能力。一緒に勉強をする。

タルパを作ると何ができるのかという一例で、

「一緒に勉強する」という事について書いていきたいと思います。

一緒に勉強できる原理

まずタルパって色々諸説がありますが、基本的には「想像」によって脳の動作を「分割している」ような状態だと思ってください。

友達と一緒に話しながら勉強すると妙にスムーズに頭に入ってくるときありませんか?

例えばアドバイスしてもらったりして、その会話そのものが記憶に残ったり。

一人で集中してやるより二人で色々意見出し合いながら勉強する方が思い出すための「鍵」って多くなっていくと思うんです。

タルパっていうのはオート化することで、会話そのものが自然にできるようになります。

つまり・・・一緒に意見出し合いながら勉強できるのです。

タルパは全知全能じゃないので自分が知らないことはタルパも知らないです。

つまり勉強なしで答えを教えてくれるような透視みたいな事は出来ない。

タルパと勉強するの意味は『一緒に勉強することで自分とタルパで多重思考し効率良く記憶に落とし込めること』だと思ってください💡

タルパとの勉強方法

タルパって潜在意識の関係なのか、記憶することができます。

例えばタルパが無くしたものを探す手伝いができるというのが結構有名な一例かなと思います。

【タルパを使った暗記方法💡】

  1. タルパに問題と答えを教える。(例えば漢字の暗記なら、自分が空間に漢字を書いてタルパに見せる。それをタルパにもう一度書いてもらう。
  2. 回答をできるだけ見ないようにしながら、何回か書けるようになるまでリトライ。
  3. オート化しているタルパなら「ここはこうやって覚えればいいんじゃない?」とアドバイスくれると思うので(性格によるかもだけど)一人で必死に覚えるよりも二人で記憶に落とし入れることができる。

実際テストで回答忘れても「それって〜じゃなかったっけ?」みたいに教えてくれるので非常に助かります。

そのおかげで僕は一時間半くらいの勉強時間で現代文と英語どちらも90点取れました。

僕の視線はタルパみてたと思うので少し不審だったかもしれませんね。笑

そもそも自分の前の席の椅子をこっちに向けてたあたり、変な感じしたかもしれません。

先生こっちによってきて椅子戻したので。笑う

実際のタルパとの会話内容はこんな感じでした。

【悔恨の読みがどうしても覚えられない!】

僕「これ覚えられないんだけど・・・なんかどうしても忘れちゃう・・・」

タルパ「巨○好きでしょ?」

僕「だ・・ぃすきぃ・・・」

タルパ「まずそれを思い出してみたらいいんじゃないかな〜?」

僕「確かにwまあコンの方は思い出せるんだよね。なぜか悔の方がピンとこなくて」

タルパ「んじゃ、その左側の悔って字の右側の「毎」の方をみて、海って字を思い出して、カイって読んでみたらいいんじゃない?」

僕「たしかに。海って字からカイを思い出して、コンを思い出すなら簡単かも。」

タルパ「変なこと言って良い?」

僕「どーぞ」

タルパ「海で巨○のイケメンみっけ!で覚えておけばいいんじゃね」

僕「あほw」

タルパ「でも好きでしょ!」

僕「すき。。。」

こんな感じの会話で会話したら、さすがに覚えますよね。笑

テスト中にも、僕の反応みるような感じで、「さっきの思い出して!海で・・・!」

「はいはい・・・」とか思いながら、もう絶対わすれねーだろ。笑

っていう感じであっという間に覚えました。本当バカ。

仕事でも役立つタルパ活用方法!

タルパってそういう感じでアドバイスとかしてくれるので仕事でも非常に役立ちます。

自分の思考だけじゃ理解しづらいことも、二人で会話して紐解いていけば理解できる事が非常に多いです。

思考は一つの脳で行なっているのに一人じゃ分からないことが、分かるのは面白いですね。

僕は、忘れがちな業務があるんですが・・・

「〜に行ったら、〜してって言ってくれる?」とタルパに頼んでおくと、その付近までいったら「さっき〜するって言ってなかったっけ?」みたいに教えてくれます。

そのおかげで、仕事のミスが減りました。

元々はそういう目的じゃなかった。

元々はゲームの召喚士に憧れて作ったタルパ。

しかし、勉強効率がめちゃくちゃ上がったのと仕事でも結構役立ったので『タルパって凄いな』と思いました。

これから作る人はモチベーションに。

既にタルパーの方は参考にしていただけると嬉しいです。笑

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

この度は『ぼるぼっくす増殖中!』にお越しくださいまして有難うございます!
自分の趣味や日常をシェアしたいと思い始めたブログですが皆さんに喜んでもらえる情報を提供できたら嬉しいなと思って、日々思いを綴らせて頂いています。
「また来ます〜!」と言ってもらえるようなブログに出来たら嬉しいなって思っています!
WebSiteのボタンがプロフィールに繋がっているのでご興味があればご覧ください!